高校生の方は通常よりも少し低い時給で働かなくてはならない場合が多いです。

最低時給の知識を付けておく

高校生の時給と交渉を考える

最低時給の知識を付けておく 高校生の方は通常よりも少し低い時給で働かなくてはならない場合が多いです。高校生の方からすれば、なぜ少し低い時給で働かなくてはならないのか不満に感じてしまう場合もありますが、学生で働く事ができる方は、少ないので我慢をするようにしましょう。高校生の時給が低く設定されているのには理由があります。それは責任のある仕事が全く回ってこないからになります。時給で働くと聞くとアルバイトやパートの事を考える方が多いです。実際はアルバイトかパートのどちらかになりますが、長く勤めていると責任のある仕事をしなくてはならない方もいます。しかし高校生の場合は長くても3年になります。そのため責任のある仕事が回ってくる事が無く、基本的には誰でもできる仕事をする場合が多いです。

誰でもできる仕事になっている事が多いので、時給が安く設定されています。もしも責任のある仕事を任された場合は、通常の時給にしてもらう事ができないかと交渉をしてみると良いです。交渉をしなければ、時給をあげてもらえる可能性は極端に低くなってしまいます。交渉する事によって、アルバイト先に居づらくなってしまうのではないかと考えてしまいますが、交渉するのは当然の事になるので、それが原因でアルバイトを辞めなくてはならないと言う事にはなりにくいです。

関連記事・情報

Copyright (C)2019最低時給の知識を付けておく.All rights reserved.